« 「事実は小説よりも奇なり」というフィクション | トップページ

新しい対話の時代 自然と社会と精神とAIの循環ネットワーク 

★Think globally, Act locally.の時代。これがグローバル教育の基本ルール。このグローバルというのは、高度な英語力を身に付けようという狭い意味ではない。One earthのウェルビーイングを持続可能にする「実務力」と「考動力」とその両方を生み出す「発想力」アントレプレナーシップに基づく「対話」が可能になる教育だ。

★そして、地球のウェルビーイングとは、自然と社会と精神とAIが最適な循環を果たすことであり、この循環をめぐり対話を広め深めていくというコト。国家とか権威とか境界線を引いてきたものを超えて、グローバルにそしてローカリーに「考動」できる対話。それを実現できる「実務」を組み立てていく対話ができることが肝要。

★対話について、このような新しいものの見方をしていく時代。

|

« 「事実は小説よりも奇なり」というフィクション | トップページ

21世紀型教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「事実は小説よりも奇なり」というフィクション | トップページ