21世紀型教育

ホンマノオト21に移動します。

★私立学校研究(C)ホンマノオトは、11年間続けてきました。多くの方にご覧いただき。心から感謝申し上げます。しかし、容量が残り少なくなり、写真をアップすることができなくなりました。

★そこで、新ホンマノオトとして「ホンマノオト21」を作成しました。私の年齢を顧みれば、向こう10年運営できるかどうかですから、ホンマノオトは、新ブログで全うできると思います。

★「人類の子供たち」の10年をシルバ世代ながら支援するべく、今後も書き続けます。これからもぜご覧ください。よろしくお願いいたします。

|

【CoMe世代】2006年以降に生まれた子供たちのためにヒューマン・プロジェクトを立ち上げよう。この10年間で、デストピアかユートピアかが決まるのだ。

★フランケンシュタイン誕生200年を迎えた今年、12歳になった子供たちは、特別な子供たちである。彼らを、“Children of Men(人類の子供たち)”と呼ぼう。そして、この2006年以降誕生した世代を、CoMe世代と呼びたい。

Come_2

 

続きを読む "【CoMe世代】2006年以降に生まれた子供たちのためにヒューマン・プロジェクトを立ち上げよう。この10年間で、デストピアかユートピアかが決まるのだ。"

|

【聖学院 生徒の未来を創るコンフォートゾーン(2)】

★聖学院の学び合いのプロジェクトに参加して、自分の概念が違っていたというコトに気づいた。それは「コンフォートゾーン」という言葉の意味だ。
Dsc09026
(共感的な雰囲気が広がる聖学院の同僚性)

続きを読む "【聖学院 生徒の未来を創るコンフォートゾーン(2)】 "

|

【聖学院 生徒の未来を創るコンフォートゾーン(1)】

★昨日、授業と会議が終わって、18時ころに「学び合い」のプロジェクトに先生方は集まってきた。このプロジェクトは、21教育企画部長児浦先生が座長。参加するかどうかは、先生方の自由意志で、ゆるやかな勉強会である。
Dsc09131

続きを読む "【聖学院 生徒の未来を創るコンフォートゾーン(1)】"

|

【変わる】 静岡聖光学院副校長星野明宏先生 時代の変化・教育の変化・市場の変化を生み出す(了)テレビ東京 教育とマーケットの新しい切り口

★3つ目のミーティングは、六本木グランドタワー「テレビ東京」で。もともと星野明宏先生の記事は、日経新聞や日経ONLINEなどで、特集を組まれているくらいだから、メディアのネットワークも広い。同社報道局ニュースセンターの「ワールドビジネスサテライト」ディレクターの水上陽香氏とミーティング。
Dsc08330
(テレビ東京のスタジオで。左から水上ディレクター、星野副校長)

続きを読む "【変わる】 静岡聖光学院副校長星野明宏先生 時代の変化・教育の変化・市場の変化を生み出す(了)テレビ東京 教育とマーケットの新しい切り口"

|

【変わる】 静岡聖光学院副校長星野明宏先生 時代の変化・教育の変化・市場の変化を生み出す(3)山川出版社の若きリーダー

★2つ目は、山川出版社の若きリーダー2人とのミーティングだった。星野明宏先生は社会科の教諭ということもあるが、ラグビー部の先輩後輩のつながりがあるのが、同出版社の代表取締役副社長野澤武史氏。同行されたのが、同出版社のICT事業部プロジェクトマネージャーの中谷有吾氏だった。
Photo

続きを読む "【変わる】 静岡聖光学院副校長星野明宏先生 時代の変化・教育の変化・市場の変化を生み出す(3)山川出版社の若きリーダー"

|

【変わる】 静岡聖光学院副校長星野明宏先生 時代の変化・教育の変化・市場の変化を生み出す(2)KIDS CONFERENCE

★1つめのミーティングでは、KIDS CONFRENCE主宰の大関秀樹氏にお会いした。静岡を静岡聖光が大きく変わることを通してドリームシティーにすべく各界を駆け回っている星野先生と意気投合している大関氏。
Mailgoo

続きを読む "【変わる】 静岡聖光学院副校長星野明宏先生 時代の変化・教育の変化・市場の変化を生み出す(2)KIDS CONFERENCE "

|

【変わる】 静岡聖光学院副校長星野明宏先生 時代の変化・教育の変化・市場の変化を生み出す(1)

★昨日19日(金)、静岡聖光学院中学校・高等学校(以降「静岡聖光」と表記)の星野明宏常務理事・副校長とお会いした。一日で何人もの有識者や各界のキーパーソンとミーティングをする行動力に驚嘆した。
Dsc08319
(テレビ東京のロビーで)

続きを読む "【変わる】 静岡聖光学院副校長星野明宏先生 時代の変化・教育の変化・市場の変化を生み出す(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【居場所のある高校】正智深谷 生徒が未来を拓く居場所がある。(2)

★正智深谷の相互通行型授業は3つのPBLで構成されている。それは、Problem based Learning、Project based Learning、Passion based Learningである。
Dsc08083
(S.H.I.P.プロジェクトチームリーダーの田中先生と加藤校長。田中先生の社会のPBL授業で。)

続きを読む "【居場所のある高校】正智深谷 生徒が未来を拓く居場所がある。(2) "

|

【居場所のある高校】正智深谷 生徒が未来を拓く居場所がある。(1)

★正智深谷高等学校(以降「正智深谷」と表記)は、21世紀型教育機構に加盟して3年目を迎える。S.H.I.P.(正智深谷高等学校イノベーション計画)というビジョンを教師も生徒も共有し、その実現のために21世紀型教育を実践している。
Dsc08031

続きを読む "【居場所のある高校】正智深谷 生徒が未来を拓く居場所がある。(1) "

|

より以前の記事一覧