21世紀型教育

なぜ「対話思考」ができる教師がいる学校が注目されるか。 (3)

☆前回、栄光の新校舎の話から、E段階の対話思考について語ったが、麻布を例にとると、微妙に栄光と違うことがわかる。それは、栄光の場合は、シラバスを見える化していないが、麻布は見える化しているという点である。ただ、微妙というのは、いわゆる渋谷教育学園のシラバスのような形式で見える化されているわけではないので、差異に気づきにくいという点だ。

Photo_2

続きを読む "なぜ「対話思考」ができる教師がいる学校が注目されるか。 (3) "

|

なぜ「対話思考」ができる教師がいる学校が注目されるか。 (2)

☆今年3月、栄光学園は、70周年記念事業の一環として、新校舎を完成させた。首都圏模試センター北氏の論考「栄光学園の素晴らしい新校舎を見に行こう!」にそのコンセプトは詳しい。

EPhoto

続きを読む "なぜ「対話思考」ができる教師がいる学校が注目されるか。 (2)"

|

なぜ「対話思考」ができる教師がいる学校が注目されるか。

☆今「アクティブラーニング」だとか、「主体的・対話的で深い学び」という新しい授業が注目を浴びつつも、その批判や非難も多い。批判する人はそれはなんちゃってアクティブラーニングだとか、「深い学び」ではないとかいうことらしい。

☆非難する人は、そんなんでは大学合格実績はでないとかいうことが主要な理由らしい。

Photo_2

続きを読む "なぜ「対話思考」ができる教師がいる学校が注目されるか。"

|

21世紀型教育機構 今年度第1回定例会 三田国際で行われる

☆昨日、三田国際学園で、2017年度の21世紀型教育機構の第1回定例会が開催された。開催時間は放課後かなりたってからなのだが、校内には多く生徒がそれぞれの探究活動に目を輝かせていた。

Dsc09904

続きを読む "21世紀型教育機構 今年度第1回定例会 三田国際で行われる"

|

イギリス new GCSE いよいよ始まる。

☆従来A~GのグレードだったイギリスのGCSEが、9段階になる。9がトップレベル2%くらい。2年間開発準備があって、今年の9月からスタートということのようだ。偏差値は欧米にはない。というのは、どうやら違う。使い方が違うだけで、統計学的な数字として活用されている。

Gcse
(イギリスのガバメントのデモンストレーション動画から。ベルカーブ。つまり偏差値ですね。)

続きを読む "イギリス new GCSE いよいよ始まる。"

|

クリエイティブクラス≪06≫ クリエイティブティーチャー

☆ある学校のクリエイティブな先生が、同業者(おそらく知り合いの教師だろう)に自身のアクティブラーニング型授業の動画を見せてモニタリングしたそうだ。

☆そのとき、「準備、大変そうですよね」と反応されて、悲しい気持ちになった、しかし、こういうこともあると覚悟して心機一転がんばろうと。

Photo_2
(ピーター・M・センゲ博士や中原淳教授の考え方を参考にした。輪ゴムを両手で引っ張ると、緊張感が伝わってくるが、それをクリエイティブテンションのメタファーとして活用。)

続きを読む "クリエイティブクラス≪06≫ クリエイティブティーチャー "

|

創造的思考の時代【02】ものづくりも医療もクリエイティブクラス育成

☆昨日4月3日のWBSでは、興味深いニュースが2つ放送された。一つは、千葉県成田市に38年ぶりに医学部を新設した国際医療福祉大の話題。入学式を中心に取材が行われていたが、重要なのは留学生の受け入れや学生の1年間海外経験。立命館アジア太平洋大学や国際教養大学の医学部版ということか。

Photo
(JASSOによる平成28年の調査報告尾による。)

続きを読む "創造的思考の時代【02】ものづくりも医療もクリエイティブクラス育成"

|

学校選択の指標を自ら創出する時代【02】私立女子中学校フェスタ 6000人が訪れる

昨日2日(日)、十文字中学校で開催された「私立中学校フェスタ」は大盛況だったという。6000人は訪れたのではないかと聞き及ぶ。生徒が主体のイベントで、生徒によるプレゼンテーション、座談会、アトラクションなどが目白押し。

☆学校選択者にとっては、生徒の素顔や活躍を見ることができるとあって、賑わったに違いない。

Photo_2

続きを読む "学校選択の指標を自ら創出する時代【02】私立女子中学校フェスタ 6000人が訪れる"

|

学校選択の指標を自ら創出する時代【01】組織を観察する 学習する学校か

☆学校の先生方の話を聞いたり、実際に対話をしてみると、その先生の背景に横たわっている組織観が見えてくる。パンフレットやサイトではそこは見えないが、教師は組織の一員であるから、組織のビジョンや考え方、価値意識が見え隠れする。学校説明会に足を運ぶ最大の理由はここにある。

Photo
(900字弱の大容量の本)

続きを読む "学校選択の指標を自ら創出する時代【01】組織を観察する 学習する学校か"

|

クリエイティブクラス≪05≫ 桐光の知 世界の痛みを引き受け数学的思考で新しい世界を開く

☆桐光の「大学訪問授業」という生徒が知の最前線に毎回立ち臨む授業は、今では説明するまでもないぐらい有名だ。そして、今回も、2016年4月から11月までに実施した20回分が本になった。タイトルは「高校生と考える人生のすてきな大問題」

Dsc06669Img396

続きを読む "クリエイティブクラス≪05≫ 桐光の知 世界の痛みを引き受け数学的思考で新しい世界を開く"

|

より以前の記事一覧