創造的対話

かえつ有明 柔らかい覚悟始まる

☆かえつ有明は、来年の中1を迎える準備をスタートした。どこの学校も、この時期から準備は始まるだろうが、カリキュラムとか教材とかインフラとかツールとか・・・。どちらかというとハードパワー。

Dsc09805

続きを読む "かえつ有明 柔らかい覚悟始まる"

|

速報 鈴木寛氏のスピーチ

☆鈴木寛氏のスピーチが2時間を過ぎた。ここで5分間の休憩。そして、今再度始まった。前半は、ガッチリなぜ民主主義は完璧でなく不完全で、それゆえ参加する市民のストレスはなくならない。このことを学問的に知っておこうという流れで、ハーバーマスやアレント、ロールズ・・・などなどの思想を講義。

続きを読む "速報 鈴木寛氏のスピーチ"

|

共立女子の挑戦 対話革命の教育

☆昨年9月「共立女子から授業は変わる」というブログで、同校の若手3人の教師の興味深い授業の試みを紹介した。

社会科の池末先生、国語科の金井先生、理科の桑子先生が、協働して、教科横断知型の授業を展開している。・・・・・・3人の先生方は、素材を教科書から社会現象の中にシフトする。寺山修司だったか、かつて「本を捨て外に出よ」と言ったのは。作家という創造者は、壁をぶち破るのに、ルーチンから抜けだす。3人の先生方もそうなのだろう。教科勉強から学びの旅に出よと。そんなわけで、まもなく姿を消す201Kの中央線の電車を素材に、生徒と共にインタビューを開始し、収集した資料やデータ、情報を編集、そしてそれを絵本にした。

☆そして、この8月にこの絵本が交通新聞社から出版物として発売された。池末先生からこんなメールを頂いた。

Kyoritsuorenji

続きを読む "共立女子の挑戦 対話革命の教育"

|

白梅学園清修の対話の平衡感覚

☆世の中は鈴木寛文科副大臣の「熟議で教育が変わる」という発想が注目され、ビジネス研修でファシリテートやコーチングのルーティン化が当たり前になっている。

☆iPhoneやiPadを活用した新しいコミュニケーション、思考デザインにもとづいた東大iSchoolのプログラムも話題になっている。

続きを読む "白梅学園清修の対話の平衡感覚"

|