中学入試市場

【学校選択×学力モニタリング】(03)60以上の中学受験生と

★前回は偏差値50前後の受験生と保護者との対話だったが、今回は60以上の受験生との対話。不思議なことに、このような受験生の多くは、お母さんは、私のところに連れてくるだけという場合が多い。お母さんは「私はもうついていけないので、息子にまかせています」という感じ。みんながみんなそうではないが、わざわざ私と話してみようというのだから、そんな感じだろう。
Photo_4
(偏差値レンジ60以上の生徒は、ライトブルーの領域は自分で解決済み。それ以上をどこまで攻略するかが対話のテーマとなる。そのチャンレジ部分が赤線で囲んだ領域。)

続きを読む "【学校選択×学力モニタリング】(03)60以上の中学受験生と "

|

【2018年7月統一合判志望者数前年対比増校】男子志望校

★2018年7月実施「第2回統一合判」において、志望者数が前年よりも多かった首都圏私立中高一貫校のリスト。各カテゴリーの中の並べ方は五十音順。

★特に大きく増やしているのは、文化学園大学杉並、八雲学園、東洋大京北、大宮開成。男女ともに志望者を増やしている学校の中で魅力がジワジワ受験生・保護者に伝わってきているのほ聖徳学園。

Yakumo

(八雲学園のイエール大学とのグローバルイマージョンプログラムは、八雲でしかできない特別な時間。)

★前回同様、いずれも、なんらかの新機軸を立てて邁進しているポジティブな雰囲気が流れている点で共通している。

【東京エリア男子校】
麻布
学習院
京華
佼成学園
獨協
日本大学豊山

続きを読む "【2018年7月統一合判志望者数前年対比増校】男子志望校"

|

【2018年7月統一合判志望者数前年対比増校】女子志望校

★2018年7月実施「第2回統一合判」において、志望者数が前年よりも多かった首都圏私立中高一貫校のリスト。各カテゴリーの中の並べ方は五十音順。
★特に大きく増やしているのは、大妻中野、文化学園大学杉並、香蘭女学校、三輪田、普連土。少人数学校だから、量的には目だたないけれど、聖ドミニコは、2科は前年対比150%、4科は189%。
★いずれも、なんらかの新機軸を立てて邁進しているポジティブな雰囲気が流れている点で共通している。
Photo
(文杉の高1のイギリスホームステイ。DDコース以外もグローバル教育やPBLに力を注いでいる。)
【東京エリア女子校】
江戸川女子
鴎友学園女子
大妻中野
学習院女子
神田女学園
共立女子第二
京華女子

続きを読む "【2018年7月統一合判志望者数前年対比増校】女子志望校"

|

2019年中学入試の新フレーム(187) 聖徳学園 両翼「グローバル教育とSTEAM教育」で飛翔!(了)

★90周年記念ホールが地下に設計されている新校舎13号館は、グローバル教育とSTEAM教育の両翼を創造する学びの空間である。もちろん、最新鋭の学びのツールも揃っている。
Dsc09722

続きを読む "2019年中学入試の新フレーム(187) 聖徳学園 両翼「グローバル教育とSTEAM教育」で飛翔!(了) "

|

2019年中学入試の新フレーム(186) 聖徳学園 両翼「グローバル教育とSTEAM教育」で飛翔!(2)

★聖徳学園の校長伊藤正徳先生の組織マネジメントは、これからの学校のモデルの1つである。というのも、マネジメントマインドが、トップダウンとボトムアップの化学反応が起こるようにするということだからだ。
Dsc09626

続きを読む "2019年中学入試の新フレーム(186) 聖徳学園 両翼「グローバル教育とSTEAM教育」で飛翔!(2) "

|

2019年中学入試の新フレーム(185) 聖徳学園 両翼「グローバル教育とSTEAM教育」で飛翔!(1)

★昨年創立90周年を迎えた聖徳学園は、21世紀型教育をぐっと進化させた。グローバル教育3.0の次元に突出し、STEAM教育の環境は、全国の教育関係者及びICT関連企業が見学にくるほどである。
★いわば、グローバル教育とSTEAM教育の両翼を広げ知の地球を飛翔しているのである。
Dsc09643
(初代校長和田幽玄の精神を今も伝えるシンボル)

続きを読む "2019年中学入試の新フレーム(185) 聖徳学園 両翼「グローバル教育とSTEAM教育」で飛翔!(1) "

|

2019年中学入試の新フレーム(183) Mの衝撃さらに大きく!

★昨年、「Mの衝撃」についてたびたび言及したが、やはり今年もMの衝撃波は大きくなるなと感じている。
★元ミネルバ大学日本連絡事務所代表の山本秀樹氏の新刊書「世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ」という本を読んで(例によって斜め読みだが)確信した。
Dsc09607

続きを読む "2019年中学入試の新フレーム(183) Mの衝撃さらに大きく!"

|

2019年中学入試の新フレーム(182) 静岡聖光学院 受験生と息吹を共有する。

★前回「鈴木大地長官視察、イートン卒業生の訪問、マレーカレッジ体験。すべて初体験の静岡聖光学院。しかも、1週間の間の出来事である」と書いた。静岡聖光学院の教育イノベーションに、教職員・生徒が一丸となってスクラム組んで立ち臨んでいる。
★そして、もう一つこの1週間のうちに息吹立ち込める出来事が起こった。それは、7月15日(日)に開催する科学体験教室が、定員80名を超え100名になったので、締め切ったということである。
Photo_6

続きを読む "2019年中学入試の新フレーム(182) 静岡聖光学院 受験生と息吹を共有する。 "

|

2019年中学入試の新フレーム(181) 静岡聖光学院 世界と息吹を共有する。1週間で、鈴木大地長官とイートンとマレー・カレッジ。

★先週末、静岡聖光学院を訪れ、進化の急変ぶりに驚いていたのだが、1週間も経たないうちに、さらに驚きの展開が広がった。

★スポーツ庁鈴木大地長官が訪れ、イートン・カレッジの卒業生も訪れ、国際科学交流では、マレーカレッジを訪問していた静岡聖光学院の生徒は、そのプレゼンで2位受賞を果たした。

Photo

(写真は同校Facebook聖光見聞録から)

 

続きを読む " 2019年中学入試の新フレーム(181) 静岡聖光学院 世界と息吹を共有する。1週間で、鈴木大地長官とイートンとマレー・カレッジ。"

|

2019年中学入試の新フレーム(180) 大きく動き出したグローバル2.0へのリフォーム (2)

★2019年中学入試は、新設校をはじめとし、21世紀型教育を行うのに適合した学びの空間のデザインが、まずは注目されると前回述べた。しかし、そのデザインは、次のようなコア教育を実現するために設計されているのだが、現場はまだそうなっていない。
【図1】
Photo

続きを読む "2019年中学入試の新フレーム(180) 大きく動き出したグローバル2.0へのリフォーム (2)"

|

より以前の記事一覧