中学入試市場

強烈に動き出した私立中高一貫校 首都圏模試センター主催新市場拡大セミナーで(了)

☆新市場が生まれるとは、システムも新しくなるということだった。既存の市場に新しいコンテンツ、つまり既存のOSになじむように新ソフトをインストールするだけでは、新市場のパイの割合をゲットできるかどうかのゼロサムの競争に過ぎない。パイ自体を大きくしなければ意味がない。そこに気づいているのが、唯一首都圏模試だけだ。他の模擬試験会社は囲い込み戦略に過ぎない。

Dsc01606
(おそらく首都圏模試センターの取締役統括マネージャー山下氏は、新市場創出というトルネードを呼んで、教育改革をやってのけた男として歴史に残るだろう。従来の教育改革は、国によるものか、国に委託されて市場が動いたものかどちらかであった。つまり行政的な改革。今回のは全く違う。市場経済的改革なのだ。)

続きを読む "強烈に動き出した私立中高一貫校 首都圏模試センター主催新市場拡大セミナーで(了) "

|

強烈に動き出した私立中高一貫校 首都圏模試センター主催新市場拡大セミナーで(4)

☆しかしながら、システムの正当性や妥当性はどうするのか?新市場増加の情報取集、データ化がまず必要だし、システム化されていることが重要だ。前回まで、これら2点の首都圏模試センターの努力について紹介してきた。

☆そして、ここが北氏と山下氏の極めて恐ろしいところなのだが、巻き込む渦の力を発揮するということなのだ。これは他の模擬試験会社にはない強みだ。

Dsc01600

続きを読む "強烈に動き出した私立中高一貫校 首都圏模試センター主催新市場拡大セミナーで(4) "

|

強烈に動き出した私立中高一貫校 首都圏模試センター主催新市場拡大セミナーで(3)

☆中学入試市場の活性化のために、たとえ話としては、OSを変え、古いソフトをアンインストールし、新しいソフトをインストールする。この新しいOSが、「しゅとCommu」というプラットフォーム。

Dsc01570

続きを読む "強烈に動き出した私立中高一貫校 首都圏模試センター主催新市場拡大セミナーで(3) "

|

強烈に動き出した私立中高一貫校 首都圏模試センター主催新市場拡大セミナーで(2)

☆第2部の基調講演は来春開設する「千代田高等学院」の校長荒木貴之先生。テーマは「21世紀型グローバル教育の新たな展開」。

Dsc01589

続きを読む "強烈に動き出した私立中高一貫校 首都圏模試センター主催新市場拡大セミナーで(2) "

|

強烈に動き出した私立中高一貫校 首都圏模試センター主催新市場拡大セミナーで(1)

☆昨日、首都圏模試センター主催「中学入試新市場拡大セミナー」が神田女学園で行われた。今年になって2回目。130人の私立中高一貫校の先生方と受験業界人が参加。中学入試市場が「御三家」を頂点とする塾歴階層化して凍てついている状況を解凍すべく、首都圏模試センターと未来志向の私立中高一貫校と受験業界人が集結した。

Dsc01537

続きを読む "強烈に動き出した私立中高一貫校 首都圏模試センター主催新市場拡大セミナーで(1)"

|

2018年中学入試市場が未来の響きを奏でる(09)恵泉の意味

☆7月の首都模試の「統一合判」の「度数分布表」によると、恵泉のA方式(2月2日)の志望者が増えている。志望者数ベスト50を出すと、他の日程の入試の志望者数も、昨年比微減ではあるが、ランキング入りしている。つまり、トータルでも、今年の人気校。

Img538_2
(写真は、恵泉学校案内から。メディアセンターとしての図書館空間は、思考の拠点。)

続きを読む "2018年中学入試市場が未来の響きを奏でる(09)恵泉の意味"

|

2018年中学入試市場が未来の響きを奏でる(07)人気校と突出校

☆7月の首都圏模試センター「統一合判」の「度数分布データ」を活用して、入試各回志望者数かつ前年増のランキング20を出してみる。

☆まずは男子志望者ランキング。

Photo
(城北サイトから。城北は男子校の中で海城と並ぶハイテクイノベーション校)

続きを読む "2018年中学入試市場が未来の響きを奏でる(07)人気校と突出校"

|

2018年中学入試市場が未来の響きを奏でる(06)突出校出現の兆

☆第4の波から第5の波へ突き抜けようとしている「突出校」出現の兆があちらこちらであらわれている。まず、本日読売新聞朝刊「教育ルネサンス」の記事「英語の民間試験<5>高校・予備校も対策講座」。大阪府立箕面高等学校のケースが紹介されている。

2
(箕面高等学校のサイトから。何気なく書かれているけれど、この3つの思考力は≪higher order thinking≫を示している。)

続きを読む "2018年中学入試市場が未来の響きを奏でる(06)突出校出現の兆 "

|

2018年中学入試市場が未来の響きを奏でる(05)普遍校の顕在化

☆教育の過程の質の時代変遷の仮説をぐちゃぐちゃ思いめぐらしているのだが、その中で、前回はどの波からも浮き出ている「超然校」というタイプがあることについて語った。そして、今回はさらに「普遍校」というタイプがあることを確認したい。

Photo_2
(開成サイトから。2・26事件で凶弾に倒れたダルマ宰相。強欲資本主義とは異なる道を模索した。)

続きを読む "2018年中学入試市場が未来の響きを奏でる(05)普遍校の顕在化 "

|

2018年中学入試市場が未来の響きを奏でる(04)超然校の顕在化

☆7月の首都圏模試の「度数分布表」を見ているが、実におもしろい。私立中学入試における「教育の過程の質」の5つの波のそれぞれの牽引校は人気を集めている。さらに、どの波にも属さない学校も人気がある。豊島岡女子、三輪田、跡見、学習院女子、大妻、大妻多摩などがそうだ。

Miwata
(三輪田のサイトから。同校の私学の魂がにじみ出ているシーンだ。)

続きを読む "2018年中学入試市場が未来の響きを奏でる(04)超然校の顕在化 "

|

より以前の記事一覧