中学入試市場

2019年中学入試の新フレーム(194) 聖学院 人気の理由は「垂直比較」

★7月21日(土)、聖学院は第2回学校説明会を開催した。同時に午前・午後に第7回レゴキング大会も開催。同校サイトによると、参加者は学校説明会約150組、レゴキング大会40組、合計約190組500名が参加した。レゴキング大会は申込者が殺到。希望者全員の要望に沿えないほどだった。

★聖学院のこの人気の理由は何だろう?

続きを読む "2019年中学入試の新フレーム(194) 聖学院 人気の理由は「垂直比較」"

|

2019年中学入試の新フレーム(193) 順天 自分の未来を変える教育

★順天は、SGH校であり、そのプログラムは、グローバル×STEAMでデザインされている。
★SGHの特徴は、振り返りと探究学習が基礎である。順天の場合は、それにイングリッシュコースとサイエンスコースの独自のプログラムを融合している。
Photo

続きを読む "2019年中学入試の新フレーム(193) 順天 自分の未来を変える教育"

|

2019年中学入試の新フレーム(192) 2021年度早稲田大学入試改革ショック!

★5月30日に、早稲田大学が2021年度入試からかなり骨太の改革を行うことを公開した。以来、各種メディアは、幾度も取り上げ、早稲田大学入試改革ショック!の様相を呈している。

Photo_2

 

続きを読む " 2019年中学入試の新フレーム(192) 2021年度早稲田大学入試改革ショック!"

|

2019年中学入試の新フレーム(191) 和洋九段女子 合格ナビゲートの冊子つくる。

★2020年大学入試改革で変わる学力観。簡単に言えば、知識蓄積処理能力だけではなく、思考力もかなり重視する傾向になると言われている。和洋九段女子は、その動きに対応すべく思考力型の入試問題を出題するわけだが、知識も軽視しない。
Photo

続きを読む "2019年中学入試の新フレーム(191) 和洋九段女子 合格ナビゲートの冊子つくる。"

|

2019年中学入試の新フレーム(190) 水都国際中学校・高等学校 全貌公開もうすぐ!

★今春4月、来年開設に向けて準備が始まった大阪市立水都国際中学校&大阪水都国際高等学校。運営管理は、学校法人大阪YMCAで、公設民営型の新しい中高一貫校だ。
★設置条件が新しいだけではなく、その教育システムも異次元のカリキュラムを展開するようだ。
Photo

続きを読む "2019年中学入試の新フレーム(190) 水都国際中学校・高等学校 全貌公開もうすぐ!"

|

2019年中学入試の新フレーム(189) 工学院 田中歩教務主任の知のマネジメント 

★工学院大学附属中学校・高等学校の教務主任田中歩先生からメールがあった。歩先生は、21世紀型教育機構のイベントや東京私立中高協会の研修などで、講師やファシリテーターを行っている。
★何より、今首都圏模試センターや各学校で作成している「思考コード」に先駆けて、ファーストプロトタイプを創出したチームTOKの1人である。
Dsc04173

続きを読む "2019年中学入試の新フレーム(189) 工学院 田中歩教務主任の知のマネジメント  "

|

【三田国際の時代】「チーム大橋清貫」動き出す。

★本日18日(水)、1カ月前に発足した「チーム大橋清貫」がいよいよ動き出した。2040年に、シンギュラリティ(もっとはやくと言われているが)、ブロックチェーン組織、システム思考するAI、スマートビッグデータ、インダストリー4.0を超える電脳世界・・・など、がらっと変わる未来が見えてきた。
Dsc09153

続きを読む "【三田国際の時代】「チーム大橋清貫」動き出す。"

|

2019年中学入試の新フレーム(188) 工学院 いまここで遠くを見通す複眼戦略思考のリーダー平方校長

★工学院は、八王子というローカルな場所にあるけれど、フィジカル空間とサイバー空間という対比軸にポジショニングすると、グローバルな地理的位置づけにあるし、グローバルイマージョンを着々と広げている拠点である。
★そのことに気づいている人というのは、意外に少ない。八王子エリアの人とか、23区を拠点に生きている人には、まだピンとこないかもしれない。受験業界はある意味そういう地場に虜になってしまっている。
Dsc09751

続きを読む "2019年中学入試の新フレーム(188) 工学院 いまここで遠くを見通す複眼戦略思考のリーダー平方校長 "

|

【学校選択×学力モニタリング】(03)60以上の中学受験生と

★前回は偏差値50前後の受験生と保護者との対話だったが、今回は60以上の受験生との対話。不思議なことに、このような受験生の多くは、お母さんは、私のところに連れてくるだけという場合が多い。お母さんは「私はもうついていけないので、息子にまかせています」という感じ。みんながみんなそうではないが、わざわざ私と話してみようというのだから、そんな感じだろう。
Photo_4
(偏差値レンジ60以上の生徒は、ライトブルーの領域は自分で解決済み。それ以上をどこまで攻略するかが対話のテーマとなる。そのチャンレジ部分が赤線で囲んだ領域。)

続きを読む "【学校選択×学力モニタリング】(03)60以上の中学受験生と "

|

【2018年7月統一合判志望者数前年対比増校】男子志望校

★2018年7月実施「第2回統一合判」において、志望者数が前年よりも多かった首都圏私立中高一貫校のリスト。各カテゴリーの中の並べ方は五十音順。

★特に大きく増やしているのは、文化学園大学杉並、八雲学園、東洋大京北、大宮開成。男女ともに志望者を増やしている学校の中で魅力がジワジワ受験生・保護者に伝わってきているのほ聖徳学園。

Yakumo

(八雲学園のイエール大学とのグローバルイマージョンプログラムは、八雲でしかできない特別な時間。)

★前回同様、いずれも、なんらかの新機軸を立てて邁進しているポジティブな雰囲気が流れている点で共通している。

【東京エリア男子校】
麻布
学習院
京華
佼成学園
獨協
日本大学豊山

続きを読む "【2018年7月統一合判志望者数前年対比増校】男子志望校"

|

より以前の記事一覧